*

ZWIFTを導入してみる

公開日: : アイテム

 ローラー台でのトレーニングについて、飽きないようにツールドフランスのDVDを見ながら乗っていたりするが、それでもやはり飽きてしまう。そこで以前から気になっていた「ZWIFT」を試してみる事にした。いわゆるバーチャルの世界を走って楽しめるというものだが、これであれば退屈せずにトレーニング出来そうなのでまずは始めるにあたり何が必要になるか確認してみる。

 必要になるのは、自転車、ローラー台、PCとネット環境、スピード/ケイデンスセンサー、ANT+の受信機と、まあこの辺りになるだろうか。こうしてみると私が現状持っていなかったのは「ANT+受信機」のみ。思ったより手軽に始められそうなので早速購入してみる。ローラー台については、あまり3本ローラーは推奨していない感じだったがまあ使えなくもなさそうだったのでとりあえずはこれで進める事にする。

ANT+ USBドングル ZWIFT

↑購入した「ANT+USBドングル」。今までこんな商品がある事自体知らなかったが、これはケイデンスなどのANT+の情報をPCが受信するために必要になるアイテム。2千円少々と思ったより安い。という事で使用するために必要になる機材は整ったのでPCへZWIFTをダウンロードする。これが結構時間が掛かったような・・、ネット環境、PC性能にもよると思うが、1時間くらいかかったかな。

 インストール後、初期設定で自分のローラー台のタイプを選択し、あとは各センサー(スピード/ケイデンスセンサー、心拍)がPCに認識するかを確認。購入したANT+ドングルが正常に使えるか不安だったが、とりあえずPCで認識できたので一安心!ちなみにPCとローラー台の距離が離れているとうまく認識しない場合もあるようで、私はUSB延長ケーブルを使用する必要があった。これで準備はOK、いざZWIFTの世界へ!

ZWIFT 導入

↑早速走ってみるとセンサーとの接続も問題ないようで、ちゃんとケイデンス、スピードも表示されて走れている。右端には現在走っている人達の一覧が表示されているが、まあ結構な数の人がいてかついろんな世界の人が走っている様で、こんなに多くの人がいる事に驚く。ケイデンスからパワーを算出しているようで、左上にはZWIFTではじき出したパワーが表示されている。パワーメーターは持っていないので、こんな感じでパワーが出るんだなーという感じで面白い。

 途中、スプリントポイントだったり、山岳ポイントなんかがあるのだが、一斉にみなさん勝負にくるのでこのあたりもとても面白い。上りは頑張ってペダルを回してもスピードがでなかったり、下りは軽く回しただけで簡単にスピードが出たりとそれなりに走っている感覚を持つ事ができる。これが自動負荷調節機能のあるローラー台だと斜度に応じた負荷がかかるようなので、そこまでの環境が構築できれば相当面白いトレーニングができるのではないだろうか。

ZWIT ステージ

 またネットでみるとZWIFTをやっている人は固定ローラーが圧倒的に多いと思うけど、3本ローラーでもぜんぜん問題なく楽しめます!ただ3本ローラーだとパワー計測がそこまで正確ではないらしいので、不正にパワーが出てしまわないよう上限は400Wまでになっている。なのでどんなに頑張ってペダルを回しても400Wまでとなるが、まあそこまで踏む事もあまりないので、私は特に問題なく使用できている。ZWIFTが算出したパワー(Zパワー)の値についても、パワーメータを持っていないので感覚的なものにはなるが、割と妥当な値がでているのではないのだろうか。少なくとも実際のパワー値と乖離があったとしても、その値を自分の基準とすればいいので、トレーニングとしては十分使用できると思う。

その他のレビューとしては・・・

・明らかに今までの退屈さはなくなった。今まではひたすらTVを見ながらとかサイコンとにらめっこしながらのトレーニングで苦痛だったが、ZWIFTはそれ自体がゲームのようなものなのでまったく飽きない!気が付くとあっという間に時間が過ぎているという感じで、むしろローラー台自体を楽しむ事ができる。

・ユーザー数が圧倒的に多い!これが少ないと面白味は激減すると思うが、どの時間帯で走ってもそれなりに人が多い。やはり抜いた抜かれたという駆け引きをするのは楽しいし、人が多いと盛り上がりも違うだろう。世界でのZWIFTユーザーの数は相当なものなんだろうなと思う。

・ZWIFTが算出したZパワーは高めの値が出る事が多いらしく、パワーメーターを使用している人、もしくはZWIFT対応のスマートトレーナーを使用している人に対して引け目を感じてしまう。「なんだあいつZパワーか」のような感じにみられると思うとちょっとくやしい。その内、パワーメーター、スマートトレーナーが欲しくなってしまいそう。

・所詮バーチャルの世界といわれればそれまでなのだが、山、市街地、海、火山、地下鉄など色々な所を走るので風景がなかなか綺麗で面白い。

・唯一最大のデメリットがある。それは・・・、外に出て走らなくていいやと思ってしまう点!寒い日、風の強い日なんかでも今までは迷く事なく外に走りにいっていたが、ZWIFTのおかげでインドアトレーニングに切り替えてしまう日も出てきてしまっている・・。やはり実走に勝るものはないと思うので、あまりのめり込むのも考えものか・・。

 という事であっという間に最初のトライアル期間が終了!今後利用するには毎月千円ちょっとの利用料が掛かるが、私の場合はどう考えてもそれ以上の価値があるので迷わず継続!これで今後は楽しんでローラー台のトレーニングが出来そうだ。割と気軽に始められると思うので、ローラー台やっていて退屈だなーなんて思っている人は一度試してみる価値があるかもしれませんよ!

以下のランキングに参加しています。
にほんブログ村 自転車ブログへ

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイク バックミラー コンパクト

バックミラーが便利でいいかも

 今回ロードバイクで使用するバックミラーを購入してみた。以前も使っていた時期はあったのだけど、付ける

記事を読む

パールイズミ インナー 485

冬の寒さ対策にウェア系の小物を追加してみた

 ここのところ自転車通勤を含めて朝早くに自転車を乗る事が多いのだが、さすがにこの時期の朝の気温は厳し

記事を読む

快晴の冬の江戸川サイクリングロード

強風の中の江戸川サイクリングロード

2015/01/12(月)快晴 今日は天気も良くどこに行くかと考えたが特にあてもなかったので、

記事を読む

ciclissimo 選手名鑑

最近購入した自転車雑誌がおもしろかった

 自転車関連の雑誌ってたまに買うのだけど、正直1、2回目を通せばそれ以降はあまり読む事無く捨ててしま

記事を読む

ロードバイク ローラー台 騒音 対策 防振

出来るだけ費用を掛けずにローラー台の騒音対策を考える

 さてここのところしばらく暑い日が続いている。先週もそんな中で160kmほどとそれなりの距離を走った

記事を読む

パンクに備えて(携帯ポンプのあれこれ)

 パンクに備えてツールボトルには携帯のポンプとCo2ボンベを入れ常に携行しているが、今の携帯ポンプだ

記事を読む

ROCKBROS ロックブロス 反射ベスト

ブルべ用の反射ベストをあらたに購入してみた

 ブルべで装着が必須となっている反射ベスト、今まで使っていたのはROCKBROSというメーカーの反射

記事を読む

自転車通勤 パンツ ズボン

自転車通勤用で購入したパンツで一番良かったのは??

 週に2~4回ほど12,3キロの距離の自転車通勤をしている。その際レーパンでいければそれにこしたこと

記事を読む

GARMIN 充電出来ない 時計 心拍

ガーミンのリスト型心拍計が充電出来なくなる・・・

 心拍を把握するのにガーミンのリスト型の心拍計を使用している。使ってみると心拍数の誤差があったり、タ

記事を読む

vivosmart バンド交換

ガーミンの心拍計(vivosmartHR)のバンド交換

 以前からガーミンの「vivosmart HR」という腕時計型の心拍計を使っています。  購入

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

サイト内検索

vivosmart バンド交換
ガーミンの心拍計(vivosmartHR)のバンド交換

 以前からガーミンの「vivosmart HR」という腕時計型の心拍計

AfterShokz 静電気 不良
AfterShokz(骨伝導ヘッドフォン)の調子が悪い・・・

 AfterShokzの「AEROPEX」という骨伝導ヘッドフォンを少

ツールドズイフト ZWIFT
新年初ライドはZWIFTで

 さて年が明けて2021年、いつもの正月であれば休みを利用してどこかロ

garmin バッジ 大晦日
大晦日はZWIFT&メンテナンス!

 さて大晦日の今日、今年の走り納めをすべくどこか出かけようかなと思って

野見金山 ヒルクライム 千葉県
千葉県の野見金山まで

 昨日はうぐいすライン経由で千葉県の内陸の方へ行く事にした。

→もっと見る

  • 管理人:えいき
    クロスバイクからロードバイクにステップアップし、自分なりに自転車を楽しんでいる40代、二児のお父さんです。
    まだまだ知識も体力もひよっこですが、自転車を通じ色々な経験を積みたいと思っています!

    ■所有バイク■
    TREK MADONE2.3(2014年モデル)
    GIANT ESCAPE R3(2008年モデル)

    • 719689総訪問者数:
    • 34今日の訪問者数:
    • 311昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑