*

ショートノーズのサドルに変更してみた

公開日: : パーツ

 ロードバイクを購入してはや5年。その間一度も交換していなかったサドルだけど、今回あらたに購入してみる事にした。

ボントレガー サドル afinity1

↑ちなみに今使っているサドルはエントリーモデルの完成車に付いていたボントレガーの「afinity1」というサドル。特に大きな不満はなかったけど、下記のような理由で交換したいと思うようになる。

・落車した時のダメージで生地が破けてしまっていて、中のスポンジが見えてしまい見た目がちょっと気になる。

・クッションがへたってきたせいか、どうもロングライド時に以前よりお尻が痛くなるのが早くなったような気がする。

・ヒルクライムやレース時など高出力を維持する際、どうも無意識に前の方に座る癖がある。今のサドルは中央に穴があるとか窪みがあるわけでもないので、そうなると股間への圧迫で痛みや痺れが生じてしまう。

 サイクルモードや試乗会なんかで色んなメーカーのサドルを試していたのだけど、どうもこれだという決定打になるものは無く、私の中で信頼性の高いボントレガーの物を見てみようと思いいきつけのSHOPへ行ってみる事に。

サドル ボントレガー アイオロス エリート

↑そこでまず驚いたのがボントレガーのサドルは30日保証というのがあるという事。購入したサドルが合わないとか、満足がいかなかったような場合は返品または返金が出来る制度らしい。

 サドル選びってその場で合う合わないというのが分かるわけでもないと思うので、この制度は正直かなりありがたい!という事もあってこの時点でボントレガーのサドルを購入する事を決める。でいくつかある製品の中で迷った結果、購入したのは「アイオロス」というモデルのサドル!

BONTRAGER サドル ショートノーズ

↑このサドルの大きな特徴は中央部にスリットがあるという事。これにより股下への痛みは軽減されるだろうという点。あとは今流行り?のショートノズルという事だろうか。正直ショートノズルの利点はあまり理解出来ていないけど、前乗りすると出力が上がる傾向にある私の場合は試してみる価値があるのかなと思っています。

ロードバイク サドル ボントレガー エアロ

↑パッケージには「RACE」グレードの表記がある。説明によるとマドンとかでのエアロポジション向けを想定して開発されたものらしい。そのせいかクッションの硬さは思っていた以上に硬くて、ロングライドとかの場合を想定すると少々不安も感じる。

 ちなみアイオロスというモデルでも3つのグレードがあって、上からプロ、エリート、コンプの構成となっている。一番上の「プロ」はサドルレールがカーボンだったり、クッションも一番少ないという事、かつ金額も2万オーバーとちょっと手が出しずらい。

 次のグレードの「エリート」はクッションが少し厚くなっているのと、レールがオーステナイト製レールになるらしい。聞きなれない「オーステナイト」という金属、どうもチタンより軽くて丈夫であるとの事だった。で一番下の「コンプ」というモデルはレールがスチールレールという事らしい。

PRO:170g(21,296円)
ELITE:219g(12,963円)
COMP:286g(7,860円)

 一番上のモデルはともかく、「エリート」か「コンプ」で迷う・・。しかし5000円の差で後々後悔したくは無かったので、背伸びして「エリート」のモデルを購入する事にした。

ボントレガー サドル リアライト

↑それ以外の特徴としては、サドル後方にテールランプ取付用の台座ネジがあり、ここに同じくボントレガー製の台座とライトが取付出来るようだった。スマートにリアライトを取付できそうで、この辺りの拡張性にも魅力を感じる。

 交換前のサドルが310gという事で、それなりに軽量化が実現出来たのかなと。どこまで意味がある軽量化かはわからないけど、軽くなるのに越した事はないのかなと。

 あと感じたのが仕上げがとても綺麗だという事!交換前のサドルや過去購入したサドルなんかは、生地が裏でホチキス?のような金具で無造作に留められていたけど、これはそういう部分が中に織り込まれていて一切見えず、見栄えがとてもいい!縫い目も外側には一切無いので、その部分が肌(ウェア)とこすれてしまうという事も無さそうな点なども評価出来る。

ボントレガー サドル エリート Aeolus

↑ショートノーズという事で取付もちょっと注意が必要のようで、このサドルの場合は1cm後ろにずらすのと、-2度で取付を行うのが推奨されている。-2度に合わせるのが微妙に苦労したけど、ひとまず取付完了!

 サドルを交換するというのは思っていた以上に見た目の変化があるかも。正直ブラックではなくホワイトが良かったのだけど、これはこれでいいかな~。

 という事でまずはローラー台で試してみる事に。お店で試し乗りさせてもらった時は思っていた以上に硬く感じてちょっと不安だったけど、実際レーパンを装着した上で座ってみると思いの他フィットする感じでなかなかいいかも!

 今までサドルの角度は水平だったところ、今回は-2度という設定にしている。そのせいか思っていたよりも腕にかかる負担が大きく感じる。その反面股下への圧力は確実に減っている事を実感する。ここら辺はまだ今後の調整が必要かな。

 お尻の痛みは1時間程度の練習だったのでまだなんとも言えないけど、座面が多少幅広という事もあってかそこまで痛みは感じなそうな感触だった。これは今後ロングライドなんかで確認していきたい。

 サドル交換によるものなのかどうかわからないけど、ZWIFTでのタイム計測区間では自己記録の2番目を残す事が出来た。なかなか簡単にこの記録は残せない事を考えると出力を出しやすい、もしくは自分には合っているサドルの可能性が高いのかなと。

 何にしろ、まだまだ微調整が必要なので日々煮詰め行きたいと思います。ん~よく「サドル沼」って言葉を聞くけど、私の場合いきなり正解に巡り合えたかも!?

以下のランキングに参加しています。
にほんブログ村 自転車ブログへ

スポンサードリンク

関連記事

BONTRAGER ステム PRO STEM

ロードバイクのステムを交換 見た目、乗り味、機能性ともに良くなったかも

 少し前にステムを交換していたので今回はその辺りの紹介をしたいと思う。まず今回のステム交換の目的の1

記事を読む

BONTRAGER SSR MULTISPORT SPDシューズ

通勤用クロスバイクにSPDを取付けてみる

 主に通勤で使用しているクロスバイク(GIANTのESCAPE R3)について、今回はSPDペダルに

記事を読む

ESCAPE R3 トリガーシフト化

ESCAPE R3 カスタム計画(トリガーシフト化、スプロケ変更他) ※パーツ取り外し、清掃

 ESCAPE R3のトリガーシフト化について、以前書いた通り交換パーツは一通り揃った。なので今回ま

記事を読む

パイオニア パワーメーター

パイオニアのパワーメーターを導入

 さて前回のパワーメーター導入編の続きとなるが、予算10万以内の前提でパワーメーターの導入を検討して

記事を読む

クロスバイク クランク交換 FC-M361

通勤用クロスバイクのリフレッシュ計画-1(BBとクランクを交換)

 通勤で使用しているGIANTのクロスバイク(ESCAPE R3)だが、2008年に購入してから約1

記事を読む

三ヶ島 ペダル 反射板取り外し

自転車通勤用のクロスバイクのペダル交換と今後のカスタム計画

 自転車通勤で使用しているクロスバイクのGIANTのESCAPE R3について、過去色々とパーツの変

記事を読む

レビュー サドル交換 シートポスト

オークションで購入した格安サドル、シートポストの交換後のレビュー

 先日ご紹介した通り、クロスバイク(GIANT ESCAPE R3)用にオークションでサドル、シート

記事を読む

ロードバイク シューズ クリート 青

SPD-SLのクリートを変更してみる

 さて明日の日曜日はブルべへの参加を予定していたのだけど、前回の記事で書いた通り、今回天気含め条件が

記事を読む

ロードバイク プーリー DURA

走行時に異音発生 原因はプーリーだった

 少し前から走行時に異音がするようになりずっと気になっていた。症状としてはアウターの特定ギアで変速し

記事を読む

bontrager R3 23C

タイヤを23Cから25Cに変更、実際のとこどうなのか??

 少し前の話しになるが、タイヤを変更した。走行距離は2000kmぐらいだったかなー、もう少し使用でき

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

サイト内検索

房総フラワーライン 菜の花 ロードバイク
今年初の200kmブルべ

 1/19(日)、この日はAJ千葉主催の200kmブルべに参加。出走す

ブルべ BRM119千葉200km(フラワーライン)
今年初となるブルべに向けて

 今週はAJ千葉の200kmのブルべへの参加を予定している。出走予定の

シューズカバー パールイズミ 7906
真冬用のシューズカバーを購入

 いくつかシューズカバーは持っているのだけど、トゥーカバーであったり足

鹿野山九十九 谷展望公園 ヒルクライム
ヒルクライムをしに千葉県の鹿野山まで

 先日の筑波でのヒルクライムが楽しかったので、今日もヒルクライムをしに

利根運河サイクリングロード 2020年
2020年、走り初めの江戸サイライド

 2020年、まずはあけましておめでとうございます。昨年当ブログを見て

→もっと見る

  • 管理人:えいき
    クロスバイクからロードバイクにステップアップし、自分なりに自転車を楽しんでいる40代、二児のお父さんです。
    まだまだ知識も体力もひよっこですが、自転車を通じ色々な経験を積みたいと思っています!

    ■所有バイク■
    TREK MADONE2.3(2014年モデル)
    GIANT ESCAPE R3(2008年モデル)

    • 624427総訪問者数:
    • 154今日の訪問者数:
    • 248昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑