*

福島県で行われたヒルクライムの大会(時空の路ヒルクライムin会津)に参加

公開日: : ヒルクライム, 動画, 大会

 5/21(日)に福島県の会津で行われた「時空の路ヒルクライムin会津」というヒルクライムの大会に参加してきた。距離13.5km、高低差600m、参加者は700人程度の大会で、ヒルクライムの大会とはいいつつも全行程の半分くらいは平地もしくは若干の上りというのが特徴の大会だ。東京からは約270km程度の距離で日帰りでの参加となると少々きつい、という事で現地に前泊する。出走表をみると参加者の多くはやはり地元福島県の方が多いようだ。

時空の路ヒルクライム2017 試走

↑まずは受付を済まし、本番のコースを試走してみる。試走でのタイムは約45分、当日の大会テンションであわよくば40分を切りたいところだがちと厳しいか。試走した感じだとやはり平坦の距離が長いので、いかにこの区間を足を温存しつつ走れるかがポイントになりそうだ。当日足の合う人がいればいいのだが。

時空の路ヒルクライム 開会式

↑前日もそうだったが当日の21日も全く雨の心配はないぐらいの快晴!少々暑いぐらいだが、絶好の自転車日和だ。開会式では地元の方の挨拶、競技の注意点などの話しを聞いてスタート時間を待つ。自転車の大会参加もこれで数回目、さすがに慣れてきたのか以前のように緊張はしなくなってきた。おまけに今回は会社の仲間3人と参加しているので何かと心強い。

時空の路ヒルクライム スタート

↑でいよいよスタート!まずは2、3キロの平坦となるので40km程度で巡航する。アップが足りていない、かつアップから時間がたってしまったためか心拍が追い付かずきつい!微妙な人数でローテーションしつつ何とか35km~40km前後で走って平坦を乗り切る。

時空の路ヒルクライム 平地

↑平地が終わるとその後3キロ程度は平地もしくは緩い勾配の道が続く。この辺りは沿道に民家があるのだがそこの住民の方だろうか、みなさん「がんばれー」と声をかけてくれるのがとても嬉しい!

時空の路ヒルクライム こぶしライン

↑いよいよつづら折りの上りに差し掛かり、ようやく本格的なヒルクライムが始まる。しかしここまでの平地、緩い上りで以外に足を使ってしまっていたようで既にきつい。前半飛ばしすぎた感は否めないか・・。途中、後続スタートの自分より全然年齢が上の方と思われる人達に抜かれたが、いやーみなさん足の筋肉すごいし速いのなんのって・・。

時空の路ヒルクライム 給水所

↑途中「給水所」があり、せっかくなのでもらう事にしたのだが、走りながらコップを受け取るというのは予想以上に難しく、半分くらいこぼしてウェアを濡らしてしまった。でも逆に冷たくてよかったかも!スタッフの皆さんお水ありがとうございました、応援の声と共に頂いたお水はほんとにおいしくて元気でました!

時空の路ヒルクライム ゴールまで

↑ゴールまであと3km、2km、1km、すごく長く感じる・・。そしてなんだかんだであと500m、いよいよラストスパートをかける!最後ゴール前は平坦もしくは若干下っている感じなのでスピードものる。

時空の路ヒルクライム ゴール

↑最後の力を振り絞り、目の前の数人をなんとか抜いてゴール!!走っている時は気づかなかったけどゴール両脇の天狗はなんなんだろ!?

時空の路ヒルクライム 大内ダム

↑ゴール後2キロほどそのまま進んでその先にある休憩所を目指す。途中ダムの横の道を走るのだが、この辺りの景色が素晴らしい!ヒルクライム後の達成感と素敵な景色でとても気持ちがよかった!

時空の路ヒルクライム 休憩所

↑休憩所にはバイクラックなんかもあり、ゴールした人達で結構賑わっていて、地元の名産品であろう「しんごうろう」、「じゅうねんアイス」なんかが振舞われていた。この日はとても暑かったのでアイスが美味しかった!

 その後、先導車の後ろについて下山するのだが、やはり自走で下山できるのはいい!以前参加したツールドつくばだとバスでの下山になるが、それに較べると下りも走れるので色んな意味で走った感があってよかった。途中、住民の方から「おつかれさまー」なんて暖かい声を頂いたのが嬉しい!

 下山して集合場所に戻るとすでに結果が掲示されていた。タイムの方は・・、42分台・・。んー、まあ鳴かず飛ばずといったところか!?ここでも食べ物が提供されていて暖かいお味噌汁を頂いた。仲間の一人は抽選にあたり景品がもらえたりと、ゴールでの飲食物の振る舞い含めても結構至れり尽くせりかも!?

時空の路ヒルクライム 参加賞 Tシャツ

↑ちなみに参加賞は写真上の陶器の茶碗。茶碗が参加賞というのもなかなか珍しいのではないだろうか。落ち着いた感じで気にっている。あとは大会の記念Tシャツなんかも販売されていたので(1,800円)購入してみた。

 今回参加した「時空の路ヒルクライム」、コースは極端にきつい斜度も無いし、道幅も広く参加人数も適度で走りやすかった。会津の自然豊かな景色を走れた事、天気が最高だった事、コースレイアウトが面白かった事、仲間と走れた事、スタッフの皆さんの感じが良かった事、などなどとても満足できる大会でした!これは来年も参加したいな~。

※ダイジェスト版の走行動画を作成してみました。カメラの固定が微妙だったようで結構ブレがありますが、よかったら見てください。

以下のランキングに参加しています。
にほんブログ村 自転車ブログへ

スポンサードリンク

関連記事

ヒルクライム フォーム 重心

ヒルクライムの際の腰痛が改善!その方法は??

 3連休最終日の今日、天気もいいので景色の良い所を走りたくなり筑波山へと向かう。さて筑波山といえばヒ

記事を読む

ヒルクライム 筑波神社

2週連続のヒルクライムトレーニング ※筑波山~雨引観音

201511/29(日)  先週、初めてのヒルクライムという事で筑波山に挑戦したのだが、どうい

記事を読む

望郷センチュリーライド2018 エントリー

望郷ライン・センチュリーライド2018に申し込んでみた

 群馬県の沼田市あたりで行われる「望郷ライン・センチュリーライド2018」に申し込んでみた。ロングラ

記事を読む

ヒルクライム 琴平峠

渡良瀬遊水地~唐沢山~琴平峠

2015/12/05(土)  ここのとことすっかりヒルクライムに魅せられたようで、今週もまたど

記事を読む

つくば 梅林 頂上 ヒルクライム

正月の筑波ヒルクライム(ふれあいの里~梅林)

 年末年始のヒルクラトレーニング3日目。今回は走り慣れた筑波山に行く事にした。とはいえいつも走ってい

記事を読む

正丸峠 ロードバイク ヒルクライム

GWのヒルクラトレーニング第二弾 ※埼玉県の飯能市の峠道を巡る

2016/05/02(月)  さて、連休を利用したヒルクライムのトレーニング第二弾。また行きな

記事を読む

ブルべ 動画

先日参加したブルべを振り返る ※ダイジェスト版の走行動画も作成してみた

 先日参加したブルべ、終日雨という状況の中ではあったがなんとか無事完走出来た。とはいえいくつか反省点

記事を読む

水石山 頂上 ヒルクライム 自転車

帰省がてら福島県いわき市周辺でのヒルクライムトレーニングへ!

 GW前半、福島県のいわき市へ帰省していたので、せっかくだからという事で周辺でヒルクライムのトレーニ

記事を読む

筑波 自転車

自転車へのモチベーションが下がるもヒルクライムで復活

2016/09/10(土)  ここのところ週末の度に雨だったり台風だったりと天気に恵まれない事

記事を読む

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ チャレンジリーグ18

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2018に参加してきた

 この日(7/7)は千葉県の袖ヶ浦市で行われた「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」に参加してき

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

サイト内検索

ZWIFT 100km
ZWIFTの100kmイベントに参加してみる

 さて今日は本来であれば200kmのブルべに参加する予定だった日だった

ROCKBROS ロックブロス 反射ベスト
ブルべ用の反射ベストをあらたに購入してみた

 ブルべで装着が必須となっている反射ベスト、今まで使っていたのはROC

羽黒山 ヒルクライム ロードバイク
試乗会後、宇都宮市近隣でのヒルクライムへ

 宇都宮市で先日開催されたロードバイクの試乗会、東京から宇都宮まで来た

2019 JAPAN CUPサイクルフェスタの試乗会にいってみた

 9/14(土)、この日は宇都宮市で開催されている「2019JAPAN

ロードバイク トップチューブバッグ
トップチューブバッグ選び、ようやく満足するものに出会う

 トップチューブバッグ、普段はあまり使う機会はないのだけど、ブルべやロ

→もっと見る

  • 管理人:えいき
    クロスバイクからロードバイクにステップアップし、自分なりに自転車を楽しんでいる40代、二児のお父さんです。
    まだまだ知識も体力もひよっこですが、自転車を通じ色々な経験を積みたいと思っています!

    ■所有バイク■
    TREK MADONE2.3(2014年モデル)
    GIANT ESCAPE R3(2008年モデル)

    • 596598総訪問者数:
    • 108今日の訪問者数:
    • 172昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑